直七とは?

  • HOME
  • 直七とは?

直七 なおしち ってな~に?

直七とは?

広島県尾道市田熊(たくま)で発見された香酸柑橘の一種で、正式名称は田熊スダチと言います。現在、広島県では栽培されておらず主に高知県の南西に位置する幡多地区で自家用に栽培されており、特に宿毛(すくも)では魚料理に欠かせない食酢として古くから人々に愛され、大切に育てられてきました。地元では「酢みかん」として愛されてきた稀少な果実です。
全国でどこよりも早く桜が開花する温暖な宿毛で、太陽の恵みをたっぷり受けて育つ直七は、香酸柑橘のなかでも酸味がまろやかで、たっぷりと果汁を含んでいます。

名前の由来

名前の由来

その昔、魚屋の直七さんが、魚にかけると美味しいと勧めたことから、このユニークな名前がついたといわれています。良質でやわらかな酸味が、お料理の味をひきたてることを、直七さんも知っていたのでしょう。

酸味まろやか、爽やかな味わい

直七果汁の味のヒミツは、バランスの良さ。ゆずやすだちと比べると、味のグラフが正五角形に近いことが一目瞭然です。酸味は控えめでまろやか、味の濃さも強すぎず、さっぱりとした味わい。まさに料理の持ち味を引き立て・活かす果汁と言えます。

※株式会社味香り戦略研究所調べ

安全・安心への取り組み

安全・安心への取り組み

「お客さまに安心して直七を味わっていただきたい」という想いから、他の畑で撒かれた農薬が届かない地域でできる限り農薬を使用せずに生産しています。また、直七生産(株)では栽培履歴管理表を導入しており、安全・安心の追求を行っています。

ご利用者の声

  • 香りも良く、まろやかな酸味で美味しい。
  • ツンとしないさわやかな酸味で、少し甘さも感じられます。食後はさっぱり。
  • ポン酢独特の酸っぱさがなくポン酢嫌いな子どもにも使用することができました。
  • 酸味がツンせず、滑らかな口当たりで、お鍋では、素材の味を邪魔しないし、焼肉では、お肉をサッパリしてくれる。
  • ポン酢はあまりすっぱくないほうが好き。酸味もちょうどよくて家族みんな喜びました。
  • サラダのドレッシングとして、最高に美味しい。
  • くせがなく、さわやかですので、どんな料理にも合います。

8割の女性が支持!

8割の女性が支持!
【直七の里ポン酢しょうゆモニターアンケート】
当日アンケート:2011年10月26日ナント消費者モニターフェアにて実施 n:164名
事後アンケート:同対象者に11月8日~11月25日にWEBにて実施 n:144名

20代~60代の女性を対象としたモニター会のアンケートでは、ポン酢の味について、満足+やや満足との回答が8割を超え、多くの女性の支持を得ました。またモニター会後に継続使用していただいた後の事後アンケートでは満足の割合が37.8%→52.1%と14.3%と大幅に上昇しました。

お問い合わせ

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは
直七なおしちの里株式会社 大阪オフィス」まで
お気軽にお問い合わせください。

直七なおしちの里株式会社

大阪オフィス
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-5-13 創建御堂筋ビル2F

TEL 06-6227-5051
FAX 06-6229-0660